スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫か日本!?

なんて私なんかには言われたくないでしょうけど^^;

水に溶かすと食塩なくなる?理科実験苦手な小中生 文科省

本日のニュースにでていましたが。

質量保存の法則の問題は小5と中2で同じ問題を出題。水100グラムに食塩20グラムを溶かしてできた食塩水の重さと、なぜそうなるか理由を記述させたが、120グラムと正答し、溶けても食塩の重さは変わらないなどと答えられたのは小5で57%。中2の正答率は54%と小学生よりも低かった。
誤答では、溶けると「(食塩が)なくなる」などがあった。


っておいおいおい!^^;
質量保存の法則がわかってないと、理科だけじゃなくて数学・算数もできないでしょーよ・・・
この問題の正答率が50%台って・・・
しかも中2が54%!?
小学校でも習ってる問題じゃないの!?
水に溶けると食塩なくなるって・・・・
唖然としました(*゜□゜*)
基礎の基礎も理解してない小中学生が半数近くもいるってこと!?

また中2で緑藻類の観察で、ルーペの使い方の誤りを指摘する問題の正答率は69・7%で、実験器具などの使い方をよく知らない生徒もいた。



私の経験則上、こういう問題って簡単だけど見落としたり、変に判断に迷う記述があったりすることもあるので一概には言えませんが
これも基本問題。

まぁ?
私も中学入試の家庭科の問題集を解くまで
待ち針は垂直に刺す
ってこと知りませんでしたけどね?(え、あってるよね!?
美術の問題を解くまで
落穂拾い→落ち葉拾い
って勘違いしてたイタイ子ですけども

この数値を見ると
基礎知識がすっぽり抜けてるんじゃないかってことです
基礎が分かってないと発展は無理なんて皆知ってることです
(まぁ知らないが故の独創的な発想?って物もあるけどね)

国立教育政策研究所は「自然現象などを読み取る力はあるが、問題を解決するための観察や実験の方法を考えることが十分ではない。観察や実験を通じて考察したりする機会を増やす必要がある」としている。



本当に自然現象などは読み取れてるの?
これで?

ゆとり教育の弊害が叫ばれて久しいですが
基礎学力の低下はかなり深刻な問題だと思います
もう、日本って国の経済から未来まで全部ね

私は現行のゆとり教育のひとつ前の世代なので
私たちもかなり授業内容は減らされているんでしょうけど
私たちが小中学生の頃に学級崩壊が叫ばれていた世代なんですけど
いいのか、これで・・・?

人のことをいえた義理ではないんですが
教育の場が
普通教育の場が普通教育の場でなくなっている気がします
特に公立
教育実習に行った友人らに授業中に立ち歩く生徒がいて困ると聞くと余計にそう思います

公立は特にその傾向が顕著なので親は無理してでも私立に行かせようとする
だから教育にはお金がかかる
お金がかかるから子供を産めない
そして少子化に拍車がかかる
そんなループが全てじゃないけど、結構な割合で存在していると思います

まぁ、子供をもったこともない若輩の私が推察するばかりの話なんですが

個性個性とは言うけど
思考にはぜったい基礎知識、基礎学力が必要です
この歳になってそう感じます
私が勉強をサボっていたから(笑
でも、
やっぱり中学までに習う基礎を理解していないと
高校大学で習うことなんてほんと理解できない!
高校入ってそれをつくづく実感していました
受験勉強でなくてもそうですよ?
だって基礎がないと理論がなりたたないもの
論理的な思考はできません

つまりは
やっぱり基礎はちゃんとしておこう
というか
してください
日本の教育現場を立て直さないと
ほんとこの国の将来が危ぶまれる
気がする


これは私にも言わなくちゃいけないこと(笑
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。