スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化対策の疑問

*************************************************************************
   人は子どもの状態をあわれむ。
   人間がはじめ子どもでなかったなら、
   人類はとうの昔に滅びてしまったにちがいない、ということがわからないのだ。
                             「エミール」 ルソー
*************************************************************************


少子化・少子高齢化の問題が叫ばれて久しい。
政府が発表する試算が出生率を大きく下回るのは当たり前のこととなっている。
日本の年金システムや税制などは人口推移を予測して、特に年金などは人口が増加するという前提のもとに生み出されたシステムであるし、
なにより、人口というものが国力・経済を大きく左右することに反論はあまりないだろう。

今後の日本を支える労働力、若者が減少し、それを大きく上回る高齢者によって形作られる社会は現状のシステムでまかなうことは不可能である。
すでに超高齢化社会に突入した日本が、今後さらにこの少子高齢化が進むということは日本の根幹を揺るがす大問題であることは明白だ。


いつぞや、「女性は子どもを産む機械」発言で一世を風靡した(苦笑)厚生労働大臣がいたが、彼は少子化という問題の根本原因をまったく理解していなかったと言っていい。
「女性一人当たり何人産んでもらうか」
それが少子化の問題なのか?
ではなぜ女性は子どもを産まないのか?
そこをまったく考慮せずのあの発言、女性差別発言として報道され、私もそれに対して以前ブログに書いたように思うが、
『厚生労働大臣としての問題点はその差別発言よりも(もちろんこれも大問題だが)
理解してか、それとも理解したうえでのすり替えの為にあのような発言をしたのかは知らないけど
「少子化の問題点は個人ではなく、子どもを産めない・産まなくしている社会構造に問題がある」
っということをまったく理解していない発言を、
一国家の大臣、さらに厚生労働省のトップである政治家の彼がしたということが最大の問題点である』
と私は考えている。
そんなことさえ理解していないトップが挿げ替えられるのは当然のことだろう。



以下は上で挙げた根本的解決ではないことなので、論旨一貫していないことをまずお詫びしたい。
社会構造については、ちょっと書いてみたらえらい長文になったので、また後日編集しなおしてということに勝手にさせて頂きたいと思う。

少子化と、日本の医療について。
中学生くらいのときからずっと疑問に思っていた
  『 何故 生殖医療には 保険が適用されないのだろう 』
ということ。
日本で不妊症に悩む人は10%に上るとさえ言われている。
10組に1ペアは不妊症のために子どもを持てないと聞いたこともあります
不妊治療には多額の費用がかかることは周知の事実
しかし、これらは保険適用外。
たしかに、不妊治療は誰もが行うものではない
平等性、公平性ということに欠くとは思います。
ただでさえ膨らんでいる保険額の増大は目に見えています。
でも、少子化少子化というのなら、
これらの治療を受けている人々
もしくは高額治療費の為に治療を諦めたカップルに子どもが生まれたら?
不妊治療を受けているのは47万人とも言われるてるのだったら
それだけの人が子どもに恵まれたら日本の人口もかなり増えると思うんだけど・・・
限りなく安直な意見ですけどね^^;
でも、児童の養育手当を月3000円(だったと思う)支給するとか議論されてるけど、そっちよりは効果があるのでは?と個人的には思います。
それを給付するための手続き等に関する費用も削減できるし。
正直、月3000円って意味がある?っと前から思っていたので・・・
両親に聞いてみても、それくらいの額で子育てがどうこうなるか
そんな額で、やっぱり子どももとうかなって思う人がいるとは思えないって言ってたし。


あと、出産が保険に入らないのも疑問に思っています。
そりゃ、誰もがするものではないから。出産は病気ではないから。
ってのはそうだと思いますけど、
でも、出産って自分の胎内で自分でない全くの異物を育てるっていうすごく特異な事例だというし
今はWHOの規定によって、病院以外で出産はできないことになってる(はず)だから
医療行為なんだし、少子化を叫ぶなら保険が適用されてもいいのでは?っと思います。
高額医療や手当金で一部返ってくるけど、基本的には出産のための入院費くらいしか帰ってこないよね?
最近産婦人科医や小児科医の減少で、出産ができないとよく報道されてます
産婦人科医の負担増の背景に、飛び込み出産などのリスクの高いケースもあると報道されてた。
妊娠中の検診って、月に一度とか臨月になると週に1度とか受けるもので
一度の検診で、何万もかかることもあるとか(母親談)
「○○の検査もしましょうかって言われても、いりませんなんていえないし。
一度検診行ったら万単位で費用がかかるから、検診いかない人もいるやろうね~」
とはうちの母君が言ってた事ですが。
産婦人科医や小児科医の負担大→希望する医学生減少→医師の減少→さらに医師たちの負担増
っという悪循環を助長するひとつの要因となっているのなら
考慮される意味はあると思います。


補足。


女の立場として少子化問題の報道や政府の発表に対して一つ言わせてもらうなら
少子化は女だけの問題なのか
女が子どもを産まないから悪いのか
女ばかりが責められる、この社会風潮事態がまず問題であるのではないか。

少子化の背景として、晩婚化、働く女性の増加がよくとりあげられる。
それらは事実少子化に問題があげられているが、
なぜいつも女ばかりが取りざたされるのだろうかと疑問に思う。
では、女はこれまでの日本女性像のように、家で家庭を守って生きることを推し進めようとでもいうのか
男女平等
男女共同参画社会というが、日本人の姿がどれだけかわったろう
たとえば家事一つにしても、日本の家事の殆どは女性がやっていて、夫の家事や育児の参画率は国際統計から見ても明らかに低いというデータがある。
私の目から見ても、明らかに差があるように思えてしまう。

私の父はかなり旧時代の考え方を持っている人なので、家事などには一切協力しない。
洗物さえしたことがあるのかというほどの人なので、私の感じる男性像は世間のそれとズレが生じているのかもしれないが
高校生のときカナダに短期間留学して、驚いたものn一つが男性の家事参加の割合だった
それについてホストファミリーと話したところ
「日本の女性はカナダに来たら天国、カナダの男性は日本にいったら天国なんだね」
っとホストファザーが言っていたのを覚えている。
私は海外をカナダと中国しか知らないが、それでもやはり日本の参加率は低いと思う。

不妊にしても、原因は男女共に4割の割合で存在するというのに
どちらかというと女性の方がプレッシャーが大きいところもありますよね
あるような気がするんですけど・・・
昔は石女って言葉さえあったし(死後ですが)

所得格差の広がりを見せ
女性の結婚・出産後も仕事を続けることを希望する割合も増え
共働きもあたりまえになってきている今
逆に共働きでないと生活できない世帯も増加している今
出産・育児はペア二人のもので
社会的なバックパップがもっとあるべき
そういう意識がそもそもにもっと高まっていいんじゃないかと思います。

まぁ、私はまだ結婚も妊娠もしたことないんですけどね^^;


日本は国家はお金はなくても、国民はお金を持っていると言われる。
しかし、それらを支える多くの企業自体が危機感を抱いている。
日本的経営システムが世界の注目を浴び、それらの優位を誇ったのはもうに昔
技術力においても高度な情報化と先進国のみならずアジアを中心とする発展途上国のめまぐるしい進歩によって日本の優位は揺らいでいる。
団塊の世代の引退によって、日本を支えてきた技術者がいなくなり、その地位を継ぐはずの世代が高度経済成長の裏の側面などによりその技術を習得しておらず
それを支え、これからを担うはずの世代は、超氷河期の日本経済を背景に就職できず、さらに人材育成にかける費用の大幅削減などにより、それを支える人材の育成が不十分であることも言われている。
加えて、世界的な高度な情報化に伴って国際競争は激化している。
高度経済成長以降、日本の企業は海外市場よりも国内市場を重視し、視野を内に向けた経営を重視してきたところが少なくない。将来的に国際競争の波に求めずとも揉まれることになる。
これらの実情があるのに、現状に胡坐を掻いていては明るい将来を望むことは難しいのではないだろうか。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。