スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食糧高騰

明日続き書きますとかいったくせに更新できなかった^^;
ダメダメぶりですね><

ダイヤを採掘するために武器が遣われて労働者が連れてこられ
そうでないものは虐殺される。
そして、そのダイヤは密輸され、その多くが先進諸国と呼ばれる国々に渡り
そこで得た利益で、新たに武器が購入され
そして、また被害が拡大するという悪循環が生まれています。

「石油がなくてよかった。争いがひどくなる」

映画に出てくるあるおじいさんの発言です。
資源は、国を豊かにするものなんですけどね
日本は資源がないため、海外に依存する率がとても高いので。
でも、その分争いも大きいのでしょう。
特に、アフリカの諸国のように、安定した政府が少ない環境のもとでは。
そのそもそもの原因も植民地化した欧州等にあるはずなんですけどね^^;


映画の舞台となったシエラネオですが。
現在は内戦が終結しているとはいえ、まだまだ貧しい国家のひとつです。
そのなかで
昨今の食糧高騰を受けて、学校給食等の食糧の配布が困難となっています。

私たちは弱いものとして生まれる。
私たちには力が必要だ。
私たちはなにももたずに生まれる。
私たちには助けが必要だ。
私たちは分別を持たずに生まれる。
私たちには判断力が必要だ。
生まれたときにわたしたちがもっていなかったもので、
大人になって必要となるものは、
すべて教育によって与えられる。
「エミール」

衣食住足りて礼節を知る

教育よりも家の仕事を手伝うことのほうが重要視される子どもたち
食べることさえ大変な生活の中では、子どもたちも重要な労働力です。
まぁ、子どもたちも、学校にいくよりも仕事の手伝いをするほうが食べ物がもらえるのでそちらを優先したがります
そんな子どもたちを学校に通わせて教育を受けさせ
栄養状態に気を配って未来を担う人材を育てる
そのためには食糧がひつようです。
そんな中で、今食糧の高騰に伴って支援が滞っているのです。


中国で大きな地震があり、1万人あまりの人の死亡が確認され
未だに行方のわからない人が2万人以上
ハザードにおいても、食糧と水をはじめとする緊急援助物資は欠かすことが出来ません。

どうか、世界の善意がそういった人々の下へ、少しでも届きますように。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。